English Japanese
$ authselect select sssd
$ authselect select sssd
$ authselect select sssd with-sudo
$ authselect select sssd with-sudo
$ cat {AUTHSELECT_CONFIG_DIR}/user-nsswitch.conf
passwd: files sss
group: files sss
hosts: files dns myhostname
sudoers: files
$ cat {AUTHSELECT_CONFIG_DIR}/user-nsswitch.conf
passwd: files sss
group: files sss
hosts: files dns myhostname
sudoers: files
0: Success. 0: 成功。
1: Generic error. 1: 一般エラー。
2: Profile or configuration was not found or the system was not configured with authselect. 2: プロファイルまたは設定が見つからないか、システムが authselect で設定されていません。
3: Current configuration is not valid, it was edited without authselect. 3: 現在の設定は無効です。authselect なしで修正されました。
4: System configuration must be overwritten to activate an authselect profile, --force parameter is needed. 4: authselect プロファイルを実行するには、システム設定を上書きする必要があります。--force parameter が必要です。
5: Executed command must be run as root. 5: コマンドは、root で実行する必要があります。
6: No configuration was detected. Error: Unexpected changes to the configuration was detected. (エラー:設定への予期しない変更が検出されました。)
*-a, --all* *-a, --all*:
Activate desired profile. See profile description with *show* command, to list profile specific optional features. 必要なプロファイルを実行します。プロファイル特定のオプション機能を一覧表示するには、*show* コマンドでプロファイルの説明を表示します。
Any user changes to nsswitch maps must be done in file {AUTHSELECT_CONFIG_DIR}/user-nsswitch.conf. When authselect generates new _nsswitch.conf_ it reads this file and combines it with configuration from selected profile. The profile configuration takes always precedence. In other words, profiles do not have to set all nsswitch maps but can set only those that are relevant to the profile. If a map is set within a profile, it always overwrites the same map from _user-nsswitch.conf_. nsswitch マップへのユーザーによる変更はどれも、ファイル {AUTHSELECT_CONFIG_DIR}/user-nsswitch.conf で実行される必要があります。authselect が新しい _nsswitch.conf_ を生成した場合、このファイルが読み込まれ、選択されたプロファイルの設定と組み合わせます。プロファイル設定は常に優先されます。言い換えると、プロファイルはすべての nsswitch マップを設定する必要はなく、プロファイルに関連するものだけを設定できます。マップがプロファイル内で設定される場合、常に同じマップを _user-nsswitch.conf_ から上書きします。
*apply-changes* [-b] [--backup=NAME] *apply-changes* [-b] [--backup=NAME]
authselect(8) authselect(8)
Authselect creates and maintains the following files to configure system identity and authentication providers properly. authselect は、システムアイデンティティーおよび認証プロバイダーを正確に設定するために、以下のファイルを作成および維持します。
*{AUTHSELECT_DCONF_DIR}/{AUTHSELECT_DCONF_FILE}* *{AUTHSELECT_DCONF_DIR}/{AUTHSELECT_DCONF_FILE}*
*{AUTHSELECT_DCONF_DIR}/locks/{AUTHSELECT_DCONF_FILE}* *{AUTHSELECT_DCONF_DIR}/locks/{AUTHSELECT_DCONF_FILE}*
authselect [--debug] [--trace] [--warn] command [command options]
authselect [--debug] [--trace] [--warn] コマンド [command options]
Authselect generates {AUTHSELECT_NSSWITCH_CONF} and does not allow any user changes to this file. Such changes are detected and authselect will refuse to write any system configuration unless a *--force* option is provided to the *select* command. This mechanism prevents authselect from overwriting anything that does not match any available profile. authselect は {AUTHSELECT_NSSWITCH_CONF} を生成し、ユーザーがこのファイルを変更することを許可しません。変更した場合は検出され、*select* コマンドに *--force* オプションが提供されない限り、authselect はあらゆるシステム設定の書き込みを拒否します。このメカニズムは、authselect が利用可能なプロファイルと一致しないものを上書きすることを防ぎます。