English Japanese
authselect(8) authselect(8)
NAME 名前
authselect - select system identity and authentication sources. authselect - システムアイデンティティーおよび認証ソースを選択します。
SYNOPSIS 概要
authselect [--debug] [--trace] [--warn] command [command options]
authselect [--debug] [--trace] [--warn] コマンド [command options]
DESCRIPTION 説明
*Authselect* is a tool to configure system identity and authentication sources
and providers by selecting a specific profile. Profile is a set of files that
describes how the resulting system configuration will look like. When a profile
is selected, *authselect* will create nsswitch.conf(5) and PAM(8) stack to use
identity and authentication sources defined by the profile.
*authselect* は、特定のプロファイルを選択することでシステムアイデンティティー
および認証ソースとプロバイダーを設定するツールです。プロファイルは、
結果として得られるシステム設定について説明するファイルのセットです。
プロファイルが選択されると、*authselect* は nsswitch.conf(5) および PAM(8) スタックを作成し、
プロファイルによって定義されたアイデンティティーおよび認証ソースを使用します。
If the provided profile set is not sufficient, the administrator may create a custom profile by putting it in a special profile directory ({AUTHSELECT_CUSTOM_DIR}). By doing so, the profile is immediately usable by *authselect*. See _authselect-profiles(5)_ for more information on extending existing profiles. 提供されたプロファイルセットが十分でない場合、管理者はこれを特別プロファイルディレクトリー ({AUTHSELECT_CUSTOM_DIR}) に置くことで、カスタムプロファイルを作成できます。これにより、*authselect* は即時にプロファイルを使用できます。既存のプロファイルの拡張に関する情報は、_authselect-profiles(5)_ を参照してください。
OPT-IN TO AUTHSELECT AUTHSELECT へのオプトイン
Authselect will not touch your existing configuration unless it has already been created by it. If you want to start using authselect to configure your system authentication, please call *authselect select* with *--force* parameter first (e.g. *authselect select sssd --force*). The *--force* parameter tells authselect that it is all right to overwrite existing non-authselect configuration (see description below). Using the *--force* parameter will automatically generate a backup of your current configuration so if you wish to go back you can restore it with *authselect backup-restore* command (see description below). authselect は、すでに作成されていない限り、既存の設定には触れません。authselect を使用してシステム認証の設定を開始する場合は、最初に *--force* パラメーターを指定して *authselect select* を呼び出すようにしてください(*authselect select sssd --force*)。 *--force* パラメーターは、authselect 以外の既存の設定を上書きするのに適したものであることを authselect に指示します(以下の説明を参照してください)。*--force* パラメーターを使用すると、現在の設定のバックアップが自動的に生成されるため、*authselect backup-restore* コマンドで復元することができます(以下の説明を参照してください)。
OPT-OUT FROM AUTHSELECT AUTHSELECT へのオプトイン
To stop authselect from managing your configuration, run *authselect opt-out*. This will remove all authselect configuration from your system and you can then modify your configuration manually.
AVAILABLE COMMANDS 利用可能なコマンド
To list all available commands run *authselect* without any parameters. To print help for the selected command run *authselect COMMAND --help*. 利用可能なすべてのコマンドを一覧表示するには、パラメーターなしで *authselect* を実行します。選択したコマンドのヘルプを印刷するには、*authselect COMMAND --help* を実行します。
*select* profile_id [features] [-f, --force] [-q, --quiet] [-b] [--backup=NAME] *select* profile_id [features] [-f, --force] [-q, --quiet] [-b] [--backup=NAME]
Activate desired profile. See profile description with *show* command, to list profile specific optional features. 必要なプロファイルを実行します。プロファイル特定のオプション機能を一覧表示するには、*show* コマンドでプロファイルの説明を表示します。
*--force, -f* *--force, -f*:
Write changes even if the previous configuration was not created by
authselect but by other tool or by manual changes. This option will
automatically backup system files before writing any change unless
*--nobackup* option is set.
以前の設定を authselect が作成したのではなく、他のツールまたは手動で
の変更によって作成された場合でも、変更を書き込みます。このオプショ
ンは、*--nobackup* オプションが設定されない限り、変更を書き込む前に
自動的にシステムファイルをバックアップします。
*-b* *-b*:
Backup system files before activating the selected profile. The backup
will be stored at {AUTHSELECT_BACKUP_DIR}/NAME. Current time with
unique string is used as a name of the backup. This is a shortcut
for *--backup=*.
選択したプロファイルを有効化する前にシステムファイルをバックアップしてください。 バックアップは
{AUTHSELECT_BACKUP_DIR}/NAME に保存されています。一意文字列を含む
現在時間がバックアップの名前として使用されます。これは
*--backup=* のショートカットです。